事務局だより

2015.01.28

講談を聴きに行って

少々、イベント告知コーナーと内容が重複してしまう部分もございますが、ご容赦ください。
それほど皆さんにお伝えしたいのだと察していただくと幸いです。それと、話も長くなりそうです。お暇な方お付き合いください。
去る1月22日に三鷹講談倶楽部を主催する33期の細井さんからのお誘いで、初席の講談会へ行ってまいりました。
落語も好きなのですが、なかなかナマの高座を見る機会も少なく、講談に至っては初めての経験です。
門前仲町から東西線に乗って40分ほど、三鷹の北口に降りれば、1月になっても駅前で頑張るイルミネーションに迎えられながら、線路沿いに歩くと・・・何分と言うより何歩と表現するような距離に武蔵野芸能劇場がありました。
中へ入るとすぐに、チラシの立て看板をもった男性がにこやかにお迎えしてくれます。この時間、施設の利用は三鷹講談会さんだけなのでしょうか?入口をくぐってきた人=講談を聴きに来た人 のようです。

案内されるまま、ちょっと年季の入ったエレベーターで三階に上がると、細井さんをはじめ、数人の方々が受け付けをされていました。

お伺いしたわけではないのですが、恐らくみなさん手弁当で駆けつけてお手伝いしているご様子です。それだけ講談とイベントを作り上げる魅力があるのでしょう。もちろん中心となる細井さんの人望も欠かせません。
ロビーでの受け付けを済ませ、いよいよ157名収容の小劇場に足を踏み入れると、チラシの演目に載っていなかった若手の講談師が修行を兼ねてでしょうか、入ってくるお客さんを迎えるかのように釈台から声を張り上げています。

開演の時間となると、若手講談師は自身の話を済ませて懐の手拭いで釈台を拭き上げ、座布団を裏返し丁寧に空気を含ませ、舞台傍らの「めくり」を一枚返して、袖に消える・・・一連の「型」とも言えるような所作に講談の歴史を感じます。・・・いよいよ講談会の始まりです。

一席目は女流講談師「一龍斎貞弥」さん。ちなみにキリッとした「綺麗なお方」です(いや、本当に)。
講談師の世界では女流が全く珍しくありません。むしろ女性の方が多いくらいです。聞くところによると、つい最近まで東京では20年以上男性真打が誕生しなかったそうです。(もちろん女流講談師は次々と誕生してました)
演目は「お竹如来」江戸に実在したとも言われる、若く聡明な女中さんにまつわる話です。講談には状況を説明する語りのほか、多くの登場人物が出てきます。初めて講談に触れて、最も感銘を受けたのは、登場人物の声色の使い分けです。特に貞弥さんが演じる主人公の「お竹」は十代の賢そうな女性の声色が見事に表現されています。元々女性は声色を変えるのが得意だと思っておりましたが、それがプロともなるとさすがの一言です。
合間合間に響き渡る張り扇と拍子木の音で場面展開、グッと観客を引き込み、老若男女立場の違う登場人物を次々に演じ分け、物語は佳境に入っていきます。
文字にして説明すると、なるほどなと思われますが、実際その場では知らぬ間に引き込まれている、と言った方が良いかもしれません。

落語のような「サゲ(オチ)」で終わる事は無いのですが、物語にはそれなりの顛末が用意され、一席が終わり拍手が沸き起こると、小説の秀作を読み終えたような清涼感が広がります。

続いて舞台に上がるのは「宝井琴調」さん。「まってましたっ!」と声がかかり、人気の講談師さんのようです。

演目は「団蔵と淀五郎」歌舞伎の大御所と、駆け出しの若手、若手を励ます別の大御所が登場人物ですが、時折落語のように笑わせる「くすぐり」も入り、芸道モノの人情も織り交ぜながら、最後も「サゲ」じゃないかと思わせる顛末で、観客を沸かせます。もちろん、おどおどと自信の無い若手役者のセリフ、重厚な大御所役者の貫録など演じ分けの妙は言うまでもありません。高座の中央から歌舞伎の花道が伸びて見えるようです。

お中入りで休憩した後は、細井さんが三鷹講談会を始める時に相談に乗ってくれたいわば立役者、神田陽司さんです。

真っ黒な紋付でダンディに表れた陽司さん。渋い井出達とは裏腹に、面白おかしくちょっと脱線しながら楽しく話を進めて参ります。演目は「大阪弁の仙人」中国の古典「杜子春伝」をモチーフにした芥川龍之介の「杜子春」を、さらにモチーフとした新作講談です。時事ネタ、サイババなどが登場して全体に滑稽な語り口ですが、唯一、杜子春が地獄で「お母さん!!」と叫んでしまう場面はハッと息を飲まされます。それまで、にこやかにゆるい感じで進められていただけに、そのギャップに驚かされます。たぶんそれが陽司さんの計算なんでしょう。

最後の席は、「宝井琴調」さんの再登場、演目は「柳田格之進」。「碁盤割」ともよばれる典型的な人情噺です。悪い人が一人も出てきません。
聞いているうちに、話の筋がうっすらとわかってきます。そしてその通りに話が進んでいきます。
番頭をかばい己の首を差し出す越前屋作左衛門、その思いを察し、旦那様に罪はないのでどうか私の首をお取りくださいと割って入ってきた番頭九兵衛、その二人の思い違いのために娘を女衒に売り、九腸寸断の思いをした格之進が刀を振り下ろして・・・
人情噺なんて、どれも筋書きが分ってしまうようなものですが、なぜジーンとしちゃうんでしょうね?日本人のDNAですかね。

琴調さんの見事な語りにすっかりやられてしまい、話を終えて一層大きな拍手の中、ちょっとウルウルしかけてしまいました。連れがいなく一人だったので、助かりました。

講談は田辺一鶴さんをよくテレビでもお見かけしましたが、今は落語の番組でも講談師を見かけることがありません。取り巻く環境は厳しいようです。
しかし、講談師の皆さんは日々技を磨き、私達を楽しませるように研鑽されているようです。興味が無かった、難しそうでよく分らないと言った人に、騙されたと思って一度聴いてもらいたいです。本当に騙されたと思ったらごめんなさい。でも、ほとんどの人は講談の魅力を分ってもらえると思います。

Byしげきち

続きを読む

2014.09.24

先人の教え

先日、岩瀬会長からFAXが届きました。

越中富山の薬売りの秘伝として、薬を置かせてもらっている家庭に標語として一緒に置いたものだそうです。

高いつもりで低いのが「教養」
低いつもりで高いのが「気位」

深いつもりで浅いのが「知識」
浅いつもりで深いのが「欲の皮」

厚いつもりで薄いのが「人情」
薄いつもりで厚いのが「面の皮」

強いようで弱いのが「根性」
弱いようで強いのが「意地」

多いようで少ないのが「分別」
少ないようで多いのが「無駄」

本当にそうだなあと思わされました。

・・・ と岩瀬会長。 皆さんも日々の暮らしに深呼吸、明日の朝礼のネタにいかがですか?

byしげきち

2014.08.19

同窓会報 後日談

7月に皆様のお手元に同窓会報をお届けいたしましたが、先日嬉しいご連絡がありました。
十九期北村重雄さんからの、会報を手にされての喜びの便りです。
淀の流れにほど近い京の町に住む北村さんは仕事の都合で転勤して以来、長く古都に住まわれています。
遥かの地で旧友との親交もままならない北村さん。届いた同窓会報が往昔の懐かしい香りを運ぶお手伝いに一役買ったようで、文面のお褒めの言葉が些か面はゆいところですが、大変喜んでいただけたことに編集・制作を担った一人として、誇らしくもあり、冥利に尽きます。
同窓生の皆さんには、故郷を離れ様々な地で活躍されている方も数多くいらっしゃるでしょう。
同窓会報やホームページがその郷愁を掻き立てるお役にたてたならと、思いを新たにする出来事でした。

by しげきち

2014.07.26

同窓会報 53号

同窓会報が今月初旬にでき、お手にされている方も多いと思います。
その中に佐藤義美氏の話が載っています。
実は佐藤義光と誤植になっており、そのことのご指摘で、氏の情報を調べてみました。

以下、インターネットのウィキペディアより得た情報です。

大分県竹田市出身、1905年生まれ、68年没
童謡作詞家、童話作家、詩人
代表作に童謡「いぬのおまわりさん」

1932年東京府立第三商業学校で国語を教える。

誰でも知ってる ♪迷子の迷子の子猫ちゃん あなたのおうちはどこですか♪
を作詞した人が、我が校の先生だったと初めて知りました。
そしてその佐藤先生に教わったのが、詩人として「荒地」刊行に携わった田村隆一氏、北村太郎氏、加島祥造氏。

みなさん同じくウィキペディアに載っている著名な先輩方です。

このインターネット百科事典に掲載されている同窓生や先生方は何人いるのでしょう?
いつか自分もウィキに載るような人物にと、思い馳せる一生一般市民の私ですが、

機会あれば調べてみようと思います。

P.S.同窓会報第53号がお手元に無い同窓生の方、
当ホームページお問い合わせから送付先を添えてご連絡ください。

事務局よりお送りいたします。

byしげきち

2014.05.20

母校見学会を終えて

先日、18日に母校改装完成見学会が催されました。
初めてのイベントで(まぁ、改装なんて数十年に一回ですから、何度も経験できませんが)
綿密な計画を立てたつもりでも、イベントが終わるまで、不安だらけでした。

しかし、参加者の皆さんは概ね楽しんでもらえたようで、企画側としては、
ホッと胸をなでおろしているところです。

ところで、全ての予定を終了して、学校から立ち去ろうかと言う時に、
一組のご夫婦が、学校の正面玄関近くで、壁に設置された校章のレリーフを眺めていました。
見学会に参加されていた方ではなかったので、お声をかけるとたまたま前を通りがかったら、
見学会をしている様子に、懐かしく立ち寄ったそうです。

今回の見学会は、工事中に在学していた三世代の卒業生と同窓会役員にDMを送り、
他はこのホームページでの告知だけなので、多くの同窓生の皆さんは知らなかったかと思います。

立ち寄られたご夫婦(旦那さんが卒業生のようでした)に卒業期も伺わないままでしたが、
始めから知っていれば、きっと正規に参加され、校内も見て回れたことでしょう。

高校の同窓会ホームページとしては、かなり充実した内容と運営だと、自負してはいますが、
もっと、多くの同窓生が知るように、その存在を広めていかなければと感じる、日曜の午後でした。


byしげきち

2013.10.13

8期 詩人 加島祥造さん情報

  26期古田さんより 8月に投稿のあった8期加島祥造さんのホームページから編集委員にメルマガが届きました。ご興味ある方はぜひご覧ください。ただし清澄庭園での新刊朗読会はご本人の朗読ではありません。

「このメールは、これまでメールを頂いた方に、加島祥造公式ホームページ事務局より、お送りしております、ご案内メールです。」
テレビ出演情報
10月19日(土)夜11時~ 放送(NHK Eテレ)
ひとりだ でも淋(さび)しくはない
~詩人・加島祥造 90歳から
*詳細は、番組HPへ*(NHK Eテレ(NHK教育))
http://www.nhk.or.jp/etv21c/

柴川康子さん「語りの会」(新刊より朗読があります。)
10月30日(水)31日(木)
江東区清澄庭園内 「涼亭」
http://kajimashozo.com/img/event/20131031.pdf
ご案内(pdf 裏面)
http://kajimashozo.com/img/event/201310312.pdf

個展
9月25日~ 10月20日
個展『伊那谷の老子 加島祥造 文人画展』 甲斐茶寮(山梨県)
ご案内(pdf 表)
http://kajimashozo.com/img/event/2013091.pdf
ご案内(pdf 裏面)
http://kajimashozo.com/img/event/2013092.pdf

加島祥造 公式サイト 事務局 kajimashozo.com

2013.09.02

事務局だよりはじめました

三商同窓会ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。ご覧になって内容はいかがでしたでしょうか?

不慣れな編集委員が日々四苦八苦しながら編集しております。そんな中、編集委員の日々思う事、同窓会員からの心温まる励ましのメールなどを皆様にもお伝えしたく、かようなページを追加作成いたしました。

不定期更新ではありますが、皆様のお目に留まれば幸いです。事務局だより、これからよろしくお願い致します。

  1 / 1  

カレンダー

«11月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

カテゴリーリスト

フィード

ページの先頭へ